広島ひきこもり相談支援センター(中部・北部センター)|NPO法人 FOOT&WORK

広島ひきこもり相談支援センター
(中部・北部センター)

ひきこもりとは、様々な要因の結果として、社会的参加(義務教育を含む就学、非常勤職を含む就労、家庭外での交遊など)を回避し、原則的には6ヵ月以上にわたって概ね家庭にとどまり続けている状態のことをいいます。(厚生労働省ガイドラインより)

主にご本人もしくはご家族の方からのご相談を受付ています。概ね18歳以上の方の社会参加や自立のお手伝いや相談内容に応じて他の適切な関係機関と繋がれるよう支援します。

広島ひきこもり相談支援センター(中部・北部センター)

相談の流れ

当センターでは、電話相談、メール相談、来所相談、その他支援(同行支援や訪問支援など)を行っています。まずは、お電話かメール相談(以下のフォームでも可)にて、お住まいや経緯、今のお困りごとについてご相談ください。

来所相談は予約制です。電話か下のメールフォームにてご相談のご希望日についてご連絡下さい。訪問支援をご希望の方については、確認事項がありますので来所時にお尋ねください。

※相談費用については、広島県・広島市からの受託事業の為無料ですが通信費、交通費は自己負担となりますので、ご了承下さい。 ※相談員は担当制ですので、ご指名に添えないこともあります。

ひきこもりの状態で過ごしている時間が長くなると…

人との関係が難しいと感じる場合に、社交不安傾向が高い場合があります。若年層の社交不安傾向のための、特化プログラムを用意しています。例えば…

人前では、ちゃんとしないといけない! 間違ったり、おかしなことをしたらきっと馬鹿にされる… いつだって完璧じゃないと嫌だ! ・・・だけどそんなの無理だ!嫌だ!

と感じ、「やっぱり、私って駄目なんだ。」と自分に言い聞かせて、諦めていることがありませんか?問題の整理から解決方法が見つかることがあります。

当事者向けの集団プログラムへ参加してみませんか?

初対面はドキドキの瞬間ですが、お互いに目標にしたいことを共有しながら、嬉し恥ずかしさを感じつつ、一歩ずつ進んでます。

 人との関わりについてもう一度確認したり、それぞれの問題場面を乗り越えるためのプログラムですが、コーヒーを片手に取り組んでいます☆

通常の個人面接を繰り返した後に、ご自身の人生の価値に近づくためにチャレンジしてみようかなという方におススメです。

ご家族のみのご相談も受付けています

「どうしてこうなった?」「どうしたらいい?」「今後の生活について」

悩むのはご本人だけではなく、家族も悩みます。

これまで何とかご自身なりの対処をされてることと思います。日々の悩みと向き合うことに疲れ切ってしまって、ついつい感情的になってしまう場面もあるのでは…本当にどの家族の方も頑張ってらっしゃいます。

まずは状況の整理を一緒にさせていただきながら、ご家族にとって困った状況にうまく対応できるようになっていきましょう。失敗ではなく成功を積み重ねて、家族としての支援や理解について学んでいきます。ご家族から様々なことを教えていただきながら、ひきこもりの問題と向き合う方法と対応を一緒に見つけていきましょう。

こちらにお住まいの方が対象です

広島ひきこもり相談支援センター(中部・北部センター)の担当地区市町名

広島市安芸区、呉市、竹原市、三次市、庄原市、東広島市、安芸高田市、江田島市、府中町、海田町、坂町、安芸太田町、北広島町、大崎上島町

アクセス&お問い合わせ

JRでお越しの場合は、JR中野東駅 ⇒ 改札 ⇒ 東口出口 ⇒ 踏切を背に郵便局方面へ進む ⇒ 橋の先の交差点を右折(渡って右にもう一度渡る) ⇒ 2号線を直進 ⇒ 次の信号(ダイキの交差点)を左折し小道を直進すると、右手前方に緑色の看板が見えます。

お申し込みフォーム

相談してみたい・話を聞いてみたい方は、下記のフォームよりお申し込みください。追って担当者より連絡をさせていただきます。

原則として1週間以内にご連絡いたします。緊急性の高い内容については対応しかねますので、ご了承ください。

※1 迷惑メール設定をされている方は、上記アドレスのドメイン(@より後ろ)を解除指定してください。 ※2 メールを利用されている環境や設定によっては、返信メールが届かない場合がありますので、1週間経ってもご連絡がない場合はお手数ではございますが、再度ご連絡ください。

お名前
フリガナ
※カタカナで記入して下さい
年齢
お住まいの地域
メールアドレス
※半角英数字でご入力下さい
電話番号
※半角数字でご入力下さい
相談内容

プライバシーポリシー※クリックで詳細情報を表示

  • 個人情報の取り扱いについて
  • 広島ひきこもり相談支援センター(以下当センターという。)は、事業の実施にあたり、個人情報の保護を以下のとおり取り扱います。
  • 1. 法令の遵守
  • 個人の情報の取り扱いに際しては、「個人情報の保護に関する法律」「広島県個人情報保護条例」「広島市個人情報保護条例」等の個人情報の取り扱いに関する法令等を遵守いたします。
  • 2.個人情報の取得
  • 当センターは、個人情報を取得する際には、必要な範囲で、適法かつ公正な手段によって取得いたします。ただし、ひきこもり支援という目的から、総合的な支援が必要であるため、相談員は家庭環境、育成暦、経済状態等をお聞きする場合があります。
  • 3.個人情報の第三者への提供
    • ①当センターでは、取得した個人情報を、事業報告書作成のために個人が特定できない形で統計データとして使用させていただきます。
    • ②当センターでは、取得した個人情報を、守秘義務のあるセンタースタッフやスーパーバイズ担当の精神科医師等とのインテーク会議、事例検討で使用します。
    • ③当センターでは、取得した個人情報を、必要に応じ本人もしくは保護者の同意を得て関係医療機関や保健福祉関係者に提供することがあります。
    • ④当センターでは、取得した個人情報を、生命の危険がある場合等の緊急の場合に、保護者に情報を提供する場合があります。
    以上、1から4を了承していただけない場合は、当センターの利用をお断りする場合があります。
  • 4.個人情報の管理
  • 保有する個人情報が外部に漏洩することがないよう、合理的かつ適切な対策を講じます。
  • 緊急事態宣言期間の対応について
  • 新型コロナウィルス対策のため、ご迷惑をおかけすることがあるかもしれません。
  • 〇新規相談につきましては、必ず電話やメールにてご連絡いただき、予約を取っていただくようお願いいたします。突然のご来所につきましては、感染対策の観点からも対応しかねますのでご了承ください。
  • 〇小集団グループ活動(当事者会・茶話会)につきましては、状況をみて開催を延期することもあります。
  • 〇継続相談につきましては、緊急の対応が必要な場合を除いて、電話相談やメール相談への切替をお願いすることもあります。